端原 歌鈴

 

 

 

第一章 <歌鈴シナリオ>
『NO!』
『YES』
『YES』
『NO!』
人間、死ぬ気になれば・・・・・・
鈴子さんの意見に賛成
うあぁ〜!痛いところを!
やっぱり、あれは変だよ
あずみ姉の家に居候の身だしね
歌鈴ちゃん、許してあげて
嬉しいよな、やっぱり
とりあえず、考えさせてもらおう
『NO!』
第二章 <主人公シナリオ>
歌鈴の様子から見に行く
まあ、鈴子さんは頑張ってますね
第三章 <あずみシナリオ>
いい加減に目を覚ませ!
御手洗先生、ちょっと良いですか?
やっぱ、ダメだろそれは・・・・・・
そんなことないよ
先に孝美と書類を整理する
おう。歌鈴ちゃん最高!
とりあえず、千歩を起こしに行くか
第四章 <歌鈴シナリオ>
あずみちゃん先生が本命かな
あはは。冗談でしょ?
いや、片づけを手伝うよ
さすがに無理なんだけど
コンセプトは気に入らないけどね
そういうわけじゃない
ちょっと、どうかと思うけどねぇ
唇にキスをする
第五章 <歌鈴シナリオ>
いてくれると嬉しいけど
いや、大丈夫です
まあ、ほどほど
年下の子かな
歌鈴ちゃんは大丈夫なの
いや、歌鈴ちゃんにちゃんと答えないと
ここでセーブする(→鈴子ルート
歌鈴と同じ気持ち
ダメ、全部オレが教える
後悔させないからね
エンディング <歌鈴シナリオ>
歌鈴・・・・・・
オレは歌鈴ちゃん一筋だよ
よし、思い切って
よし、思い切って

 

 

▲Back