アイコン 〜Icon〜


概要:Outline

『英雄並び立たず。 天に2つの太陽なし。 避けられない運命。』

人々がその手に剣を握り、平和な明日を願い戦乱を駆け抜けた時代。
群雄割拠の一小国に2人の男が現れる。つかの間の平和を享受していた国々は
策謀渦巻く世界の波へと呑み込まれ、動乱の時代へと歴史は動いてゆく。

そして・・・・・・。

救国の英雄は過去の経緯から再び国を守るため、もう一度剣を手に取る。
冷徹な将軍は全ての現況を己が思惑どうりにすべく権謀術数を巡らす。

ふたりの主人公の見る別々の未来、そして祖国建国の真の理由とは
歴史は今、再び大きく動き出そうとしていた・・・・・・。

製品使用:Spec

メーカー名 ベリーベル 推奨環境 P!!400MHz/128MB
ジャンル ファンタジーカードバトルAVG HDD 1.7GB以上
定価 \8800 解像度 640×480・フルカラー
原画 田島直(※カードイラスト:147/180) DirectX 7.0以上
シナリオ   サウンド Direct Sound対応
音楽 土井潤一 音声 フルボイス(女性のみ)
    備考 CD2枚組

感想:Comment

出会い

某美少女ゲーム雑誌を閲覧中。
その月は本作以外に絵の良い作品が無かったため。
また、カードゲームしたかったからという理由もあり。


グラフィック

原画家は「田島直」氏。
この人は「宇宙のステルヴィア」(TV東京系にて全国放送)のDVD版オープニング製作に関わっていたりします。
まぁ「しーぽん(;´д`)ハァハァ」は放置しますね。
まず、立ちCGやイベントCGの枚数が度肝抜かれます。
たった一人で描いたとは思えない枚数です(大手ならここで2・3人ぐらい絵師使っちゃいます)。
背景も緻密で、塗りも素晴らしいですね。
ただ問題点を上げるとすれば、キャラの塗りがベタだということ。
現在のPCはハイカラー以上で発色できるんですから、繊細に表現してほしかったですね。
でも、カードの絵柄は本当に脱帽。
FFの原画家である「天野喜孝」氏の絵と同等(私としては凌駕していると思いますが)のオリジナリティー。
ハッキリ言って、「これ本当にキャラデザと同じ人が描いたのか!?」と思うほどの素晴らしさです。
個人的にこの画力は凄いと思いました。


シナリオ

ジャンルをファンタジーと称しているだけあって、中世の雰囲気が出ています。
主人公を2人置いて、マルチビューのザッピングを使おうとしていますね。
で、「最初はこちらを推奨」と書いてあったりしますけど・・・。
私に言わせればこれ、全く意味無い。
だって「推奨ルート」でやっても、犯人が分かりきってるわけだし。(だって「全く逆の立場の2人」とか書いてあったらそれ以外ありえないでしょ)
別に裏事情分かったところで感心するわけでもない。
トリックなんてそんなの名前だけですから、別にストーリーの根幹に関わっているわけでもない。
正直、無駄なんですよね。
選択肢も、なんでこの選択肢でこの結果かが生まれるのか、既にその時点でファンタジー。
カードバトルを主にしたせいでこんなに稚拙なのか、残念なところが多かったです。


音楽

OP「Ever Spiral」・ED「My Wish」ともにトップクラス。
フルコーラスVerが大変気になる、とても良い曲です。
音楽専門のブランドに勝るとも劣らない素晴らしさは、今年No.1だと思います。
よく上手く見せようとハモを多用することが多いこの業界において、この効果的な使い方は良いですね。
BGM曲は中世の雰囲気を意識してか、ミサ系のパイプオルガン、マーチ系の吹奏楽器などの古典音楽があったり、シンセサイザーを使用した物まで非常に世界観とマッチしています。


システム

モッサリ感が抜けません。
クイックセーブ&ロード、CG・回想・音楽鑑賞モードはあり、オートプレイもありますので不満はそんなに無いはずなのですが・・・。
バックログがないのが一番痛いかな。
やはりロードした後のモッサリ感も嫌ですね。
カードバトルはコンボ使わずに勝てますけど、このコンボシステムが意味不明。
メチャクチャな感じのするカードバトル、一応楽しめることに楽しめますけど・・・ね。


エロ

イベントCGのほとんどがエロです。本当にエロです。
汁にまみれ、恍惚の表情のヒロインが本当にエロいですね。
ヒロインが多数いるせいで、いろんな女の子(ロリからお姉さま、人外の者や果ては男まで)と凄いこと出来ます。
ま、文句つけるとしたら主人公の顔いらね(゜д゜)
もう一方の主人公の顔は格好良いので良いんですが、こっちはねぇ・・・私としては要らないかな。
だってさぁ、どう見たって縄文時代か弥生時代に流行ったような髪型だよ?
なんでもう一方はどっからどう見てもイケメンなのに・・・。
目の当たり暗くしてくれたらよかったのに・・・と少々思います。


総合

OPムービーからいって脱帽の域ですね。
アニメーションと曲のマッチング、そしてカード原画の見せ方など凄いの一言です。
本編ですが非常に実用的で、カードゲーム自体もまぁまぁ楽しめる出来です。
シナリオやシステムは少々稚拙なのが否めませんが、カード原画の素晴らしさには恐れ入ります。
お金余ったときには是非買ってほしい作品だと思います。81点。


萌えキャラ

リスティル:気丈なところが良いなぁ。
ラシル:「にゃぁぁぁぁ」が最高。