シャマナシャマナ 〜月とこころと太陽の魔法〜


概要:Outline

太陽神に見守られ、数多の妖精達と共に在りつづける町。王国辺境に位置するマグランでは、今年も収穫に向けて更なる豊穣を祈願する大祭の準備が進められていた。出稼ぎに出た若者達もこの時ばかりは町に戻り、穏やかな太陽の下、町は次第にざわめきの中へと包まれていく。街角には子供達の手による妖精リウ・ニスの案山子も据え付けられ、あとはその当日を待つばかりとなりつつあった。

 高い魔術適性を有する"月の子"としてこの世に生を受けた主人公ミルディンは、自らが引き起こしたとある一件により、幼い頃に故郷マグランを離れていた。その後は王都での生活を余儀なくされていたミルディンだが、しかし期せずして、数年ぶりに故郷の地を踏むこととなる。故郷の海風は懐かしく、街並みは変わることなく、友人達はどこまでも優しく彼を出迎えてくれた。しかし月の子である彼の帰郷は全ての人々に望まれたものではなく――。

製品使用:Spec

メーカー名 キャラメルBOX 推奨環境 P!!!600MHz/256MB
ジャンル AVG HDD 1GB弱
発売日 2004/05/28 解像度 800×600・ハイカラー
定価 \9240(\8800+tax) DirectX 8.0以上
原画 のり太 サウンド DirectXが正常に稼動するサウンドカード
シナリオ ほしまる 音声 女性キャラクターのみフルボイス
音楽 ZIZZ 備考 CD2枚組

感想:Comment

出会い

メールマガジン。
ニトロプラスで有名な「でじたろう」氏がプロデューサーとして出向したとしてそれが来た。
ニトロプラスの作品は皆好きなので、一応やってみようと思った。


グラフィック

原画家は「のり太」氏。
キャラメルBOX処女作「BLUE」の時は非常に絵が拙くて頭を抱えていたもんだが、
現在では十分納得の出来る絵を描くようになった。
キャラクターは総じて年齢が低く見えてしまうのはいいことなのかどうか良くわからないが、
キャラクターが総じて主人公のことを「お兄ちゃん」らしき呼び方なので良いのだろう。
塗りは綺麗で、落ち着いて見ることの出来るものだろう。
背景も繊細であり素晴らしい出来だ。
グラフィック面ではかなりの優秀な部類に入る。

シナリオ

シナリオライターは「ほしまる」氏。
これも「BLUE」を書いていた人なのだが、非常に当たり障りのない文章を書く。
王道といえば良いのだろうか、非常に無難な出来である。
といっても、泣かせるところはちゃんと念入りにしているところが憎めないだろう。
ミリアのルートなどもうヤバかった。目が凄いことになってた。(私信)
伏線は少ないほうであるが、謎解きとしては面白い。
キャラクリアの度に、一つ一つ謎が解けていくのは趣向が凝らしてあると思った。


サウンド

楽曲担当は「ZIZZ」。
「でじたろう」氏がプロデューサーになった時点で予想は出来ていたが、実際なってもらうとそれはそれで嬉しい限り。
ニトロプラスでおなじみの彼らだが、やはりブランド違えど安心して聞けるのはプロとしての実力のおかげだろう。
今回も非常に素晴らしい出来だ。
ヴォーカル曲は「いとうかなこ」。
これもまた「でじたろう」氏や「ZIZZ」でお馴染みの歌手である。
高音域での伸びがないのは仕方ないが、いい歌い手だと認識している。
本作の曲も素晴らしい曲だ。


システム

システムを始めて拝見させてもらったのだが、いい作りだといえるだろう。
これぐらいのシステムをニトロプラスも見習ってはどうかと思うぐらいだ。
文句がある点はセーブポイントの充実か。40ではなくせめて50にしてもらえないだろうか。
あとはバックログをもっと細かく移動できないものか。それだけだ。


エロ

体位が非常にアクロバティックなものが多く、主人公のエロさが出ていると思う。
あんな体位を身軽に行う彼は非常に腰が強いと思われる……。
それはいいとして、実用性は非常に高いだろう。
ただ同じような丸い腰つきではなく、もう少しスラリとしたものも期待してみるのは酷だろうか。
また使い魔が折角使えるのだから、こいつを使うというシチュエーションが欲しかった。


総合

「でじたろう」氏がプロデューサーをやってるから、という理由だけで突貫してみたもののなかなかの出来だった。
なかでも絵の成長が言えるが、一番だと思われる点は「使い魔」の可愛さだろう。
さすがに最後の複数召還は微妙だが、スノゥの使い魔はめちゃくちゃ可愛い。
ミリアの使い魔なんて画面ハミ出てるし。あの巨体で波動砲とか想像できない。
主人公に生来の負い目を持たせる作品は多い。
そのアクセントをいかに使い切るか、それが非常にポイントとなるだろう。
あとはなんだろうか。
マウス自動追尾とかあったらもっと楽しいだろうが、それはまぁ贅沢だろう。
どちらにしろ素晴らしい作品だと思われる。
値段相応に面白い。
総合的な出来がいい作品であるため、そこまで非の打ち所がないだろう。80点。


萌えキャラ

パティ:ツンデレ良さ過ぎる。
サラ:庶民派お嬢様。
スノゥ:慌てる姿萌え。

ラビが攻略できたらなぁ。

Copyright (C)2004 HOBIBOX/Caramelbox  All rights reserved